聴覚障害児を育てた
お⺟さんをたたえる会
事業案内P15~P16をご参照ください

「頑張りましたね」と伝えたい

聴覚障害のあるお⼦さんを、まごころをこめて育てられたお⺟さんを表彰します。1978年、「特殊教育百年」を記念してスタートして以来、多くの保護者の⽅々を表彰し、そのご苦労をねぎらってきました。
佳⼦内親王殿下をお迎えして開催する式典は、表彰式をはじめ、お⺟さんの体験発表、社会に貢献された聴覚障害のある⽅の発表、作⽂コンクール・絵画展の⼊賞作品の発表など。
お⺟さんをはじめとする保護者のみなさんをたたえると共に、聴覚障害のあるみなさんの教育の成果を分かち合う場となっています。

令和2年1⽉27⽇:
お⾔葉を述べられる佳⼦内親王殿下

お⺟さんをたたえる会の概要

受賞対象者 18才以上の聴覚障害⼦⼥を育てられたお⺟さん。(お⺟さんがおられない家庭など、特別の事情のある場合には、お⽗さん、おじいさん、おばあさん等も対象といたします。)
推薦書の提出 当協会所定の推薦書に必要事項を記⼊の上、当協会事務局にお送り下さい。
「推薦書」はこちらからダウンロードできます。
主な内容
  • お⺟さんの表彰
  • 桜内義雄賞の表彰(社会貢献の顕著な聴覚障害者の表彰)
  • 全国聾学校作⽂コンクールの表彰・発表
  • お⺟さんの体験発表(1名)
  • 「⺟を語る」桜内義雄賞受賞者の発表(1名)
  • 全国聾学校合奏コンクール・絵画展⼊賞作品の紹介
  • 聴覚障害児童・⽣徒の舞台発表
期⽇ 令和4年12⽉予定
このウェブサイトは、認定NPO 法人サービスグラントの
プロボノワーカーによる支援を受けてリニューアルしました
2022 聴覚障害者教育福祉協会
pagetop