個性を伸ばし、創造⼒を育む

聴覚障害のある児童・⽣徒の個性を伸ばし、創造⼒を育むことを⽬的に開催しています。応募作品はどれもこれも個性的で、描いた⼈の⼈柄が伝わってくるものばかり。お⼦さんが芸術に興味をもつきっかけにもなっている絵画展です。
(後援:⽂部科学省、全国聾学校⻑会、全国ろう学校PTA連合会)

第24回全国聾学校絵画展審査会

令和1年7⽉27⽇(東京都南⼤塚:福祉財団ビル)

絵画展審査会
絵画展審査会

第24回全国聾学校絵画展表彰式

令和1年11⽉26⽇(東京都⽴葛飾ろう学校)

絵画展表彰式

応募概要

応募条件
  • 全国聾学校に在籍する幼児・児童・⽣徒の絵画作品(版画を含む)で未発表のもの。
  • 画題は⾃由とする(10字以内)
  • 作品は画⽤紙四つ切を使⽤し、これに満たない⼤きさの作品は、四つ切の⼤きさの台紙に貼付する。
  • 作品は⼀⼈⼀点とし、応募票(別紙様式)を作成し、作品裏⾯の右下に貼付する。
  • 各学校毎に作品を⼀括とりまとめのうえ、応募⽬録(別紙様式)を添えて、当協会事務局へお送り下さい。
※応募票等関係資料は4⽉下旬に全国聾学校・聴覚特別⽀援学校へ送付いたします。
応募期間 令和4年7⽉4⽇(⽉)〜7⽉19⽇(火)
表彰 最優秀賞 :2点(幼⼩、中⾼ 各1点)(内1点は、⽂部科学⼤⾂賞)
優秀賞:14点(幼⼩、中⾼ 各7点)
佳作:50点(幼、⼩、中、⾼から )
⼊選作品:(最優秀賞・優秀賞・佳作)には賞牌⼜は賞状を贈る。
作品の展⽰ 最優秀賞、優秀賞作品はインターネットを通して公開する予定です
審査委員 ⽮澤 健太郎(新制作協会会員)
錦織 重治(⽰現会常務理事・⽇展会員)
⽊脇 康⼀(洋画家)
⽵内 ⼀(新制作協会会員・⽇本美術家連盟会員)
近藤 徹(聴覚障害者教育福祉協会)

※審査結果は、9⽉上旬に通知し、作品も返却いたします。

このウェブサイトは、認定NPO 法人サービスグラントの
プロボノワーカーによる支援を受けてリニューアルしました
2022 聴覚障害者教育福祉協会
pagetop